物忘れ対策

物忘れ対策は、サプリで効果的に

買うべきものを思い出せない、家の施錠をしたか覚えていないなど、物忘れに関する悩みは切実なものが多いです。現在日本では、高齢化社会が進み、認知症患者の数も増加傾向にあると言われています。
サプリメントで、今からでも物忘れ対策を行い、年齢の気にならない健康的な毎日を目指しましょう。
物忘れ対策に効果的な成分は、DHAとEPAです。それぞれの成分の特徴と効果を理解し、サプリメント選びに生かしてください。
DHAは、ドコサヘキサエン酸とも呼ばれており、私たち人間の脳や心臓、目などに多く分布されています。人間の体を構成するうえで欠かせない成分ですが、体内で合成することが出来ないために、食事など外部から摂取する必要があります。

 

物忘れ対策方法解説HP@サプリ・有酸素運動など
アメリカの研究では、DHAに脳細胞の働きを高める栄養素を増やす働きがあるという研究結果を明らかにしています。この成分は、NGF(神経成長因子)と呼ばれ、アルツハイマー型認知症の改善に役立つのではと研究が進んでいる成分です。また、イギリスの研究では、日本の子供たちの知能指数の高さに注目し、その理由を、DHAの豊富な魚を食べる習慣にあるとする研究結果を発表しています。
DHAには、他にも、血液サラサラ効果や、中性脂肪やコレステロールを下げる作用もあり、研究が勧められています。
次に、EPAです。エイコサペンタエン酸とも呼ばれ、DHAと似た働きをすることが分かっています。EPAには様々な健康効果があり、その中の一つに、精神面に働きかけるという研究データがあります。それは、アルツハイマー患者にEPAを投与すると、認知機能の改善がみられたという研究です。他にも、精神的な安定を必要とするうつ病やイライラなどにも効果があるとされています。

参考:≪物忘れが激しい方向けサプリメント≫記憶力アップに効果あり?

物忘れ対策方法解説HP@サプリ・有酸素運動など
こちらも、血液をサラサラにし、血栓の予防に働いたり、中性脂肪低下、花粉やアトピーなどアレルギー症状の緩和などに働くと言われています。
これらから、DHAは脳神経の活性化に繋がり、物忘れ防止に一役買ってくれる成分であり、EPAは精神面に働きかけ、安定した精神を整える作用があるということが分かります。
DHAとEPAを摂取するには、豊富に含まれている青魚を食べるのが良いとされています。しかし、値上がり傾向にある魚を毎日継続的に食べるのは、少し難しいですよね。そのため、DHAとEPAがたっぷりと含まれたサプリメントで、飲みやすく経済的に摂取するのがお勧めです。

物忘れの対策には有酸素運動で脳の活性化が有効

物忘れが気になり始めたり、気になる年齢になったら、対策を早めに講じることがポイントとなります。
電卓を使わずに計算したり、物事の細かな部分まで記憶しようとすることは、脳細胞や機能の活性化に有効です。
しかし、実は体に負担を掛けて行う有酸素運動も、衰えが気になる頭の機能維持の効果的な方法です。
有酸素運動とは、やや高い心拍数を感じながら、30分以上続けられるトレーニングを指します。
筋トレのように、少ない回数で強い疲労感を感じることがないので、年齢に関わらずに行える、心地良い疲労感が残る体の使い方となります。

 

物忘れ対策方法解説HP@サプリ・有酸素運動など
一方、物忘れ対策との関係は、心拍数の上昇が脳の血流を増やしたり、リラックス効果や刺激によって細胞が活性化する、といった点を挙げることが可能です。
物忘れの原因は、老化やストレス、それに病気など様々で、対策をしなければ経時的に進行するのが特徴です。
勿論、病気であれば医師の診断を受けて、状況を見ながら治療を始める必要があるでしょう。
逆に、年齢によって脳の衰えが見え始めた場合は、体から衰えが進行していると捉え、物忘れ対策に有酸素運動を採り入れることをおすすめします。
座りっぱなしの時間が多く、運動習慣が少ない現代人は、脳の衰えが早く急激に進行するケースがあります。
頭を使っているつもりでも、テレビ番組やインターネットの動画サイトなど、受動的な使い方をしている場合が少なくありません。
また、記憶を機械に頼るようになり、ますます悪循環に嵌っていると考えられます。
有酸素が物忘れ対策に有効との根拠は、ハーバード大学の博士の解説が有力で、神経栄養因子の分泌量が増え、新たに神経細胞や血管が形成されると説明されています。

 

物忘れ対策方法解説HP@サプリ・有酸素運動など
加えて、神経細胞の形成が進行することで、より高度な情報処理が行えるようになる、という内容も解説に含まれます。
更に認知症予防効果も発揮されますから、なまった体は毎日適度に動かして、筋肉を使い血流を促すことが大切です。
周囲の景色が変わる様子は、ストレスを感じている人に有効なので、早足を心掛けたウォーキングがストレス社会の現代人におすすめです。
エアロビクスやエアロバイクといった、もっと効果的な方法もありますが、無理をすると膝に負担を掛けるので、まずは負担の小さい有酸素運動から始めることが肝心です。
水泳は特に、高齢者でも無理なく取り組むことが可能ですから、体力が低下している状態でも、体の負担を最小限に抑えつつ脳の健康維持を助けることが出来ます。
最初から無理をしたり、頑張り過ぎてしまうと続かなくなるので、続けられる負担を短い時間から始め、少しずつ増やすことが効果の上昇と維持に繋がります。