若いのに物忘れが激しい

若いのに物忘れが激しい、若年性健忘症の症状と対策

20代や30代で若いのに物忘れが激しい場合、若年性健忘症を患っている可能性があると言われています。症状は、加齢によって起きる物忘れと非常によく似ているのが特徴です。例えば、日付や時間などを繰り返し尋ねる、自分が食べた物を思い出せなくなるといったものがあります。また、会話の中で「あれ」や「それ」といった言葉が多くなってきたり、さらには知っているはずの言葉がスムーズに出てこなくなったりすることもあります。人の話が分からなくなってしまうことさえあるでしょう。
とは言っても、若年性健忘症の場合は、認知症によって起きるものとは異なります。例えば、認知症を患っている場合、物忘れの程度は激しく進行していくことでしょう。自分が経験したことに対する記憶も喪失し、理解力は判断力にもかけてくるため生活そのものにもかなり支障が出てくることでしょう。それに対して若年性健忘症の場合は、忘れてしまったことに対する記憶自体を忘れてしまっているわけではないため、大きな違いがあると言えるでしょう。

 

もちろん、一言で若い世代の人々に起きるとは言っても、軽いものから重度の記憶障害まで、症状は実にざまざまです。特に、一日中仕事のことしか考えていないような若い人の場合、脳の一部分だけしか使っていないことになります。そのため、脳が刺激されず、さまざまな機能が低下していってしまうと言われています。

 

若いのに物忘れが激しい、若年性健忘症の症状と対策
では、若い人で最近物忘れが激しくなったことを心配している方、また実際若年性健忘症を患っている方の場合、どうしたらそれらの症状を改善することができるのでしょうか。ここで効果的は対策について取り上げてみましょう。

 

効果的な対策の一つは、脳を意識的に使うことです。毎日の生活の中では、脳を一生懸命に使う機会が非常に多くあるものです。例えば、何かの文章を書いている時、仮に分からない漢字があった場合には、すぐに辞書を調べる代わりにまず自分で考えて思い出してみることができます。また、何かの計算をする時には電卓などを使わずに、自分で計算するようにしましょう。このようにして意識的に脳を使ってみるのです。

 

さらに、若年性健忘症を患っている若い人が物忘れの症状を改善するために行なうことのできる別の対策は、生活習慣の改善でしょう。ストレスを上手に解消することや、十分な睡眠を取ること、そして食生活を改善することも大きな効果があります。加えて、記憶力の低下を防ぐ効果のあるサプリメントを積極的に利用することもできるでしょう。