病院に設置されている物忘れ外来

病院に設置されている物忘れ外来では専門性の高い医師が診察

最近物忘れ外来を開設している病院や診療所が多数みられます。一度や二度では自分も家族にも多々あるためそれほど気にしません。物忘れ外来はもの忘れが頻繁に起こりそれが原因でさらに困りごとにつながって日常生活の物忘れの範囲を超えていると自身や家族が異常だと感じることで受診することが多いです。しかし、そのような場合、普通は一体何を診てもらえばいいのか、どの科にかかればいいか迷ってしまいます。脳の病気や高齢化によるものであるため脳神経科や精神科、内科にかかる患者が多いです。このような一般の診療科との違いは診察や治療の内容ではありません。担当し診察や治療に関わる医師の専門性によるものです。担当する医師は日本老年精神医学会や日本認知症学会の専門医の資格を得ています。そのため、必要な視点や観察能力など診察の能力に特化しています。また、神経内科の専門の医師や脳神経外科の専門の医師等も設置していますが、診察の際の焦点が違います。

 

病院に設置されている物忘れ外来では専門性の高い医師が診察
初めて診察をするときには原因での疾病を探るため、患者や家族の訴えや受診することになったきっかけや理由などを聞いていきます。その内容を具体的に分析し、物忘れの原因が認知症による記憶の障害や軽い認知の障害ではないかを考えて行きます。はたまた普通の人と同じような正常な場合もあります。医師は疾病がいつ起きたのかまたどのようにして起きたのか、今どの程度であるのか予測します。物忘れ外来を受診するたいていの患者はもの忘れの前に初期症状があることが多いです。興味関心が薄くなったり、他人と接することが苦手になったりします。また、会話もうまくできず、こそあど言葉が多くなったり、同じことをくりかえす、家から出なくなるなど、社会性が薄くなっていく期間が見られることがあります。このような変化は認知症の初期症状であり、診断する際に有用な情報です。他にも患者の持病やこれまでどのように生活してきたのかを含めて、詳しく聞いていくことでこれからの対策をたてることができます。認知症では異常行動や精神症状もあり、それらが本人にも家族にも大きな負担なるため、その点についても支援を考えることが必要です。

 

情報が詳しければ詳しいほど役に立ち、今後についても具体的に考えることができるため、受診するときには患者の生活を詳しく知っている家族や知人が付き添うことが大切です。また、多くの施設では予約制であるため受診する前にはいつ受診可能かも含めて病院や診療所に問い合わせることが必要です。